ホーム > 観光情報 > 川俣(かばた)地区・森地区
川俣(かばた)地区・森地区

川俣(かばた)地区・森地区

--観光(川俣・森地区)----------------------------------------

粟野・田引(あわの・たびき)の中央構造線露頭

awano_danso.JPG

林道の建設により露出した中央構造線の露頭で平成24年に確認された。林道脇に幅80mに渡って露出しており、東西方向の断面の断層部分を間近に見ることができる。露頭から西の高見山に向かって中央構造線が遠望できる。
【駐車場】 あり
飯高駅から車で約40分です。

河俣(かばた)の里

kabatanosato.JPG

平成21年に開業した地域の農産物直売所。
地元では以前から「七日市野菜」として生産直売活動が盛んだったが、販売拠点が地元にできたことで地元生産者を中心に新鮮な野菜や米、加工品が出品されています。地域の情報発信もしています。
【住 所】三重県松阪市飯高町七日市647
【お問い合せ】0598-45-0056 
【営業時間】9:00~12:00 【定休日】 月曜
【駐車場】 あり(30台)
飯高駅から車で約15分です。

ホタル観賞地

hotaru_kansho.JPG

櫛田川の支流、七日市地内を流れる小屋川沿いに6月頃、ホタルが飛び交う。
毎年6月初旬にはホタル祭りが開催され、出店などもあり多くの客で賑わう。
【駐車場】 あり(B&G海洋センター駐車場利用可)
飯高駅から車で約15分です。

熊ヶ池(くまがいけ)

kumaga_ike.jpg

海抜800mの山頂付近にありながら水を湛える池で、地元では雨乞いの池として祀られる。
池の名前は、800年前、一帯を統治していた武将・岡小四郎の妻“くま”にまつわる悲しい伝説に由来する。
池のほとりには弁天様が祀られ、くまの命日である3月15日には祭りが開催される。
春は桜、4~5月頃はミズバショウ、秋には紅葉で彩られる。
【駐車場】 あり
飯高駅から車で約40分です。

ミュージアムR (アール)

ミュージアムR

飯高で創作活動を続ける“上田 了・信治” 親子の私立美術館。
息子の了さんは、油絵・水彩画などの絵画作品を40点ほど、
父親の信治さんは、流木や原木削出しの木製作品を80点ほど展示しています。
年中無休で、入館無料です。
【住 所】三重県松阪市飯高町森
【駐車場】 あり   
飯高駅から車で約20分です。

奥香肌湖

奥香肌(かはだ)湖

蓮(はちす)ダムは治水・利水利用の多目的ダムとして計画され、
平成3年に20年の歳月と830億円の巨費を投じて完成しました。
奥香肌湖は、その蓮ダムの建設に伴いできた人造湖です。
湖の南側には桜が植えられ、春は花見が楽しめます。
また、秋はそこここで紅葉が見られます。
ダムの隣には展望台を兼ねた公園があり、奥香肌湖を一望できます。
【住 所】 三重県松阪市飯高町森1810-11
【お問い合せ】0598-45-0371
【駐車場】 あり   
飯高駅から車で約20分です。

--登山(川俣・森地区)----------------------------------------

三峰山(みうねやま)

miune_yama.jpg

標高:1235.4m  登山口より徒歩で約90分
三重県と奈良県の県境にあり、台高山脈最北端に位置する三峰山は、樹氷ハイキングの山として有名です。
【駐車場】 あり(ゆりわれ登山口) 【トイレ】 なし
»登山道の通行状況はこちら
飯高駅から登山口まで車で約20分です。

宮ノ谷(みやのたに)渓谷

taka_taki.jpg

登山口より高滝まで徒歩で約80分
宮ノ谷渓谷は犬飛び岩、鷲岩、落差60mの高滝、風折滝、猫滝などがあり、
江馬小屋渓谷とともに奥香肌峡を代表する景勝地です。
【駐車場】 あり
(Photo:佐野英樹氏撮影 高滝)

飯高駅から登山口まで車で約30分です。

--宿泊(森地区)------------------------------------------

wanpara.jpg

松阪わんわんパラダイス 森のホテルスメール 

緑豊かな森の中にあるスメールは、ゆっくり休むのも、思いっきり遊ぶのにも最適です。
おいしい郷土料理や、楽しいスポーツ施設を満喫したら、ゆったり温泉につかって
日頃の疲れをリフレッシュ!家族や友達と気ままに楽しめるリゾート施設です。
H28.4.1(金)~愛犬と一緒に泊まれるホテルとしてリニューアルオープンしました。
【住 所】三重県松阪市飯高町森2296-1
【お問い合せ】0598-45-0003
≫松阪わんわんパラダイス 森のホテルスメールのHPはこちら
飯高駅から車で約20分です。

PAGE TOP